スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国


イカ刺身
イカゲソと小葱の酢味噌
水菜ナンプラー和え
豆腐味噌汁
玄米ごはん少々
巨峰
お団子少々
ヨーグルト

イカづくしの晩ごはん。今朝家族が帰宅したので、昼は稲庭うどんやかぼちゃ煮付けにして、夜もさっぱり和食にしてみた。デザートまで和菓子(笑)
スポンサーサイト

ガラステーブルとムギ


近況はこんな感じです!

ムギの新しいともだち

友達が犬を連れて遊びに来てくれた。
25年来の知り合いだけど、一緒に過ごしていたのは中学生までで、それ以降は共通の知人経由で近況を知るくらいで、最後に会ったのは5年以上前の友達の結婚式。二人で会うのなんてもしかしたら初めてかもしれない。

彼女はジャックラッセルテリアと暮らしている。
一人暮らしでジャックラッセルを飼っている人ってあまり聞いたことないんだけど、以前に散歩中に会った人(同世代女性)からは、

「仕事から帰って毎日2時間以上散歩して、散歩が終わってご飯食べると12時を回ってしまう。それでも噛み癖がひどくて手に負えず、言うことも聞かない(アルファになっている状態)ので、訓練所に数ヶ月預けようかと思う。かわいいってだけで飼っちゃったけど、やっぱり失敗だったのかな・・・」

と聞いていた。かわいいだけで犬種を調べもしなかったのかよと思ったけど、よく考えるとわたしもそれほど知識がないうちにムギを迎え入れたので、同罪っちゃ同罪なんだよな。
まあとにかく、ジャックラッセルは一人暮らしや共働きにはムリ、と理解していたんだけど。

しかし彼女が飼うトニコさんは、身体が小さいことも幸いしてか1時間程度の散歩で済んでいるらしい。そして何よりジャックラッセルにしては驚くべき穏やかさ。暴れたりもしない。たぶんトニコさんの性格と彼女の育て方があいまって、必要以上にハイパーなところがない子になったんだろうな。

で、週末は暑かったので我が家の中でムギと共に迎え入れたんだけど、実は犬がウチに遊びに来るのは実に5年ぶりで、かつて来たときはムギも相手も子犬だったので、正直ちょっと自信がなかった。
でも上記のようにトニコさんは大変穏やかな性格なので、すぐに打ち解けて、追い掛け回しあったりクンクンしあったり、ボールで遊んだりとすっごい楽しそうにしていた。ムギは力ではトニコさんに負けるからなのか、年上の気遣いなのか、大好きなボールを渡してあげるおもてなしっぷり。えらい、オトナだ。

結局昼から22時くらいまで、食べたり飲んだり積もる話(仕事やらファッションやら)をしたり、人間もたいへん楽しく過ごした。持ってきてくれたニクもうまかったし、適当にあけたワインもうまかった。

・・・んだけど、よく考えたらまともに写真を撮ってなかった。かわいいシーンがたくさんあったのに、ばかだなあ、わたし。
今度は、涼しくなったころに彼女のウチ方面(世田谷)にお邪魔する予定。ムギともども楽しみにしてます。

一番好きなものバトン

1.5年ぶりにお会いしたsonicさんからバトンをいただいた。

【一番好きなものバトン】

●動物は
そりゃもう、ムギ(犬)。

●お菓子は
美味しい大福・おはぎ・どら焼き。
スナック菓子はあんまり好まない。贅沢者なので(笑)。

●料理は
麺類、とくに米麺。

●缶ジュースは
お茶以外、年に数本しか飲まないので判定不能。

●インスタント食品は
味の素のアジアめん(台湾焼きビーフンとベトナムフォー)

●寿司ネタは
光り物と貝類。

●パンは
美味しいパン屋さんの伝統的なパン類全般。
美味しくないパン屋さんは呪いの対象。

●どんぶりは
ご飯に味がつくのがあんまり好きじゃない。
うな丼よりうな重、カツ丼よりカツ重、散らし寿司より握り寿司派。

●お酒は
瓶出し紹興酒。なければビール。

●TV番組は
本当は怖い家庭の医学。

●邦楽は
今なら山崎まさよし。

●洋楽は
えー、選びにくい・・・やっぱPrinceか。

●芸能人は
これといっていない。

●歴史上の人物は
歴史はニガテなので判定不能。

●作家は
ベタだけど、吉本ばなな。
小説じゃなくてよいなら、ナンシー関と中島義道。

●言葉は
んー、なんかあったかな。
「終わる前に終わっておけばまた始められる」

●雑誌は
「Newsweek」
薄くて持ち運びやすいから。

●漫画は
「コジコジ」

●映画は
「シーズ・ソー・ラブリー」

●お店は
会社のそばにある魚のうまい小料理屋。
ランチしか行ったことはないが、焼き魚と煮魚を選べて、どちらも死ぬほどうまい。
合わせ味噌の味噌汁と小鉢と漬物とご飯がついて1000円と割高。でも納得の味。
食べ終わると出て行くことを強要されるが、それでも行きたい。

●靴は
ただいま勉強中。

●香水は
「オムニア・クリスタリン」

●アウトドアスポーツは
スキー。

●装飾品、貴金属は
大ぶりな指輪。彫金やっている友達がらみで一点モノが多い。
プラチナやダイヤはひとつもない。
指輪とピアスは必ずつける。

●季節は
秋のはじまり。

●落ち着く場所は
自宅。

●旅行先は
東南アジア。

●インターネットサイトは
結局のところ、2ちゃんねる(笑)。

●必ず名指しで1?人にもっとあなたを知りたい、というピュアな意味合いで
んー、必ず書いてくれそうという期待を込めて、くるるに。
少しはblog更新しろよという忠告を込めて、ピュアが売りのreachさんに。

おめでとう

引きつり笑い
飼い主、誕生日おめでとう!

(お祝いにもらったバルーンアートを頭に付けられて、引きつり笑いの犬)

「預かる」の真意

昨日の夕方、知人を見送りがてら東京駅まで行くことにした。
玄関を出る際にムギが付いていこうと大暴れしてしまい、その処置に手間取っていたところ、ちょうど玄関の外にチャコファミリー+お嬢彼氏が。

「これからお出かけ?ムギちゃん預かっていいかしら?ゆっくり行ってきてね♪」

・・・途方に暮れる私。

いや、チャコファミリーはめちゃくちゃいい人たちなんですよ。安心して預けられる、数少ないご近所さんだ。その上チャコもムギのことが大好きだし、ムギも喜ぶし、預かってくださること自体はものすごく感謝している。私が入院していたときにも、預かっていただいたらしいし。

しかし、昨日まで一度も直接「預かる」と言われたことはなかったの。
しかも、昼間からチャコは「ムギちゃんちの前にいる」と言い張って、家の前にいたらしいの。

なぜ昨日に限って、急に預かると?
ななななんか、ラブリーな声でも聞k(ry

結局預かっていただいたものの、その真意を計りかねてものすごく激しくクヨクヨと思い悩んでしまった。しかも、ムギを迎えに行ったときにも「なんで預かってくださると?」なんて聞けなかったので(当然だ)、今後も真相は闇の中である。言い訳や申し開きの機会も永久に与えられない。

きっとチャコファミリーは、ただ単純に善意で預かってくださったんだろうなと思う。
てか、善意なのはもちろんだが、大意はなくただたまたま今回初めて申し出ただけ、ということであってほしい。ぜひとも。

アレの誘い

休日昼間のムギの散歩では、普段会ったことのない人にも会う。今日も、初対面のダックスと中年男性に会った。

すっごく興味しんしんなムギ。なぜならこのダックス、生理中なんだって。
そんな犬連れ回すなよ!

…いやまあ、色々事情もあるでしょう。散歩に行かなきゃストレスもたまるだろうしな。
でも、ムギを強姦魔にするのは誰のためにもならないので、リードを短く持って対処した。

ところが違ったんですねぇ。

続きを読む

犬の思いやり

ムギの友達、チャコちゃん。少し年上のメス犬だ。

先日、チャコの家に泊まりで預けられる機会があった。
(ここからは、チャコの家族に聞いた話。)

チャコともチャコの家族とも仲良しで、お嬢の彼氏のことも大好きなムギ。最初はみんなに構ってもらって、たいそうゴキゲンに遊んでいた。
しかし夜が更けてくると、誰も迎えにきてくれないことにだんだん不安になってきたらしい。それまで部屋中をドタバタと駆け回っていたのに、リビングの片隅で所在なげにうずくまって、「クーン」と淋しげに鳴きはじめた。
するとチャコがどこからか、ムギの好きなぬいぐるみをくわえてきてムギの前にポトッと落とした。「元気出してね」ってことか。
それでも鳴きやまないと、今度は別のおもちゃをくわえてきてポトッ。さらに余っている毛布をポトッ。それでもやっぱり鳴きやまないので、チャコが一番好きなチャコ用毛布までひきずってきてムギに渡してやった。ムギの周りはおもちゃと毛布でいっぱいになってしまった。
そこでようやく少し気を取り直して、静かになったムギ。落ち着いて眠りにつきましたとさ。

カリスマ(?)獣医師の野村先生が、可愛がって育てた成犬は4歳の知能を持つと書いていたけれど、本当だ。チャコは優しい犬だなあ。
ただし、ムギに逆のことができるかは甚だ心許ないが。

女子大生との対話

ムギの仲良し犬、チャコちゃんちには大学1年のお嬢がいる。ちょっと気が強くて礼儀正しい、イマドキのかわいい子だ。
洋服や携帯のことや、学校であったこと、バイトのことなどを時々話してくれる。大学生の生態を垣間見ることができて、私としては大変うれしい。

昨日は大学の授業の話を聞かせてもらった。以下概要。

「人間の生と死」みたいな名前の講義で、先生が4回に渡りフランシス・ベーコンの話ばかりしている。
先生はどうやらベーコン好きらしい。
おかげでベーコンの死因が凍死ということや、シェークスピアはベーコンの別名という説(知らなかった!興味深いなあ)についても詳しくなり、トリビアにも投稿できる勢いである。
しかしそろそろネタが尽きてきたようだ。死んじゃったしな。
次回はベーコンの核心に迫るらしいが、それから先の講義、先生は何を話すのだろう?

…ちょっとかわいいじゃないですか。

そこで彼女のお母さんが一言。
「そりゃ、デカルトとカントでしょ」

…確かに。

しかし、なんかすごい母娘だ。
面白いご近所さんだなあ。

ムギの友達

20050908133605

ムギの友達犬、チャコ。マンションの同じフロアに住んでいる。

2匹は体の大きさが全然ちがうし、どちらもあまりヤンチャではないのでじゃれあって遊ぶことは全然ない。
でも一緒にいるとなんだか楽しいみたい。
たまたまちょっと踏まれたり、体が当たったりしても全然気にしない。

チャコはムギを見つけると、「ムギさんにおやつをお出しして」と飼い主さんに要求し、ムギを歓待してくれる。
(チャコは自分だけだと殆どおやつを食べないらしい)

ということでこれは、歓待中のチャコ。

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。