スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全部入れないでいい

以前話題にしたことのある、私が一人ラーメン&ビール大会を開催しているお店には、「常連様」(笑)というスタンプカードがある。
それを見せると玉子か替玉がサービスされ、かつスタンプをペッタンしてもらえる。スタンプ10個ごとにラーメンがサービスされる。
これまで数杯のラーメンを無料でいただいた。

さて、先日。
スタンプカードがマンタンになったので、サービスされるラーメンが極限までグレードアップ!

ちゃちゃちゃちゃ。
「全部入りラーメン」
(大山のぶ代の声で)

ご想像通り、全てのトッピングがテンコ盛りのアレね。
山盛りのネギに10枚ほどのチャーシュー、玉子にノリまで真っ黒に張り巡らされて、横に替玉が用意されなかったのが奇跡なくらいだ。

すげー量なのね。
でもワタクシやっぱりビール呑みたいのね。

困りましたー。
でも、ウヤウヤしく出されたサービス品は残せないので、ビールを呑みつつ頑張った。
スーパー常連様への道は険しい。

どうせなら「トッピングは全て皿に載せて予め持ってきてくれ」と願い出てビールのツマミにし、締めに普通のラーメンを食せばよかったかもしれない。
我ながらナイスアイディア。

え?わがまま??

いやいや、常連だからいーの!!(たぶん)
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

バトンだ

sonic嬢からイメージバトンが廻ってきた。

これは難しいなあ。
バトンを止める心意気も志もないので、ダラリと廻してみよう。

【ルールと途中経路】

■イメージバトンを受け取った方は、最後のキーワードから連想された言葉を一つ繋げて3人の方に渡すというもの。

「トランプ」→「マジシャン」→「マギーブイヨン」→「スープ」→「心のチキンスープ」→「あったか?い」→「胸」→「鶏肉」→「ペン・ジョンソン」→「基地」→「キッチン」→「ばなな」→「教育テレビ」→「子供」→ 「天使」→「空」→「青」→「ビーチ」→「焼きそば」→「文化祭」→「フリーマーケット」→「本」→「四角形」→「当選ハガキ」→「NHK」→「紅白」→「はしご」

【ルールと途中経路終わり】

で、私が「はしご」から思い浮かべたのは

「ラーメン」でっす!!

意味ワカランって?
すみません。昔働いていた職場の近所にあった、「はしご」っていうラーメン屋さん(厳密には支那麺屋さん)が大好きだったもので。

「だんだんめん」という名前のタンタン麺が絶品。
そして大ぶりだが5個で900円というビックリ価格の餃子も、死にそうに旨い。
ここで残業帰りに同僚と、ビール1-2本に餃子1皿をシェアし、最後に各々麺で締めてさくっと1時間くらいで帰る、という粋なことをしていたのさ。

で、次にバトンを廻すのは...最近めっきり夕食Blogの様相を呈している(しかもむちゃくちゃおいしそうなのだ!)、るる嬢受け取ってみませんか??

整理整頓

20050823095104
せいりせいとんは、たいせつなんだ。

基本的にムギは、家の中の好きな場所に居ていいことになっている。

20年以上前の古いテレビ台をサイドテーブル兼鉢置きにしているのだけど、ムギはここに自主的に納まるのが好きだ。丸まって寝ていることもある。

自分を整理整頓する、始末のよい犬で大変好ましい。

願わくば、遊び終わったオモチャも片付けてほしい。食べ終わった食器も洗って、散歩から帰ったら自主的に風呂場で足も洗って、雨が降ったら洗濯物を取り込み窓を閉めてほしい。昼間のテレビを見ておいて、夜に要約を聞かせるサービスもしてくれたら…言うことないな。

テーマ : ミニチュアダックス
ジャンル : ペット

ムギのリテラシーを問う

ほぼ日参しているサイトに「@ニフティ デイリーポータル」がある。その筋(どの筋だ?)では有名な林雄司さんが管理しているサイトだ。

そこの「コネタ」コーナーでヨシダプロさんが「犬のリテラシーを問う」というネタを披露していた。
また,絵日記がすばらしく可愛い「羊の国のラブラドール」でも取り上げていましたよ。

さて,私もムギのリテラシーを問いたい。
散歩の大好きなムギ。「さんぽ」というコトバは彼にとって破壊力抜群だ。キラーフレーズである。
その「さんぽ」っていう単語,どこまで聞き分けられるのか?
リテラシーを問うてみよう。

1.普段の姿

なにかな?おりこうにしてみようっと。

まずは普段の姿はこんな感じです。


2.「さんじ」と呼びかけてみました。

はてなんでしょう?

よくわかっていないらしい。

3.「あんお」(母音のみの「さんぽ」)と呼びかけてみました。

…はやくおわらないかなあ?

ほぼ反応がありません。

4.「ぽ」と呼びかけてみました。

き,き,きたーーーーっ!!!

大喜びで写りませんorz
彼はどうやら,母音ではないナニかで,かぎつけている様子です。
というより「P」音=さんぽ と覚えているようです。
母音で認識するという説がありますが,ムギの場合,こと「さんぽ」については子音で認識しているようですね。

ところでムギ,散歩を遅らせてまでごめん。

テーマ : ダックスフント大好き♪
ジャンル : ペット

思い出のメロディー

思い出のメロディー,観覧してきた。(あでるちんありがと♪)

ホールでゴザ敷いてお手製弁当を広げるオバ軍団や,
フシギなポイントで大いに沸く観客,
杉様やトシちゃんファンの浮かれっぷり,
などを茶化しつつレポしようともくろんでいたわけだが。

しかしもうそんなことはどうでもよい。

すげえよ C-C-B!!

ものすごいかっこよいアレンジになっていた。米川GJ!
笠君も後半すこーし走っていたけど,ちゃんと声が出ていて合格。
ヨネチのギターはやりすぎ(笑)だがそれはいつものことだ。むちゃかっこいいソロだった。あれなら1億人全員が「すげえ」と思うハズ。
ヒデキのベースも,会場ではかなり音が抑えられていてなんだかよくわからなかったけど,後から動画見たらけっこうしっかり音が入っていて,特に後半のヨネチとの絡みはすばらしかった。
田口がいなかったのが残念だけど…知らん人がサポに入っていた。

そして肝心の関口。

オープニングでは,坊主なのかなんなのか遠目にはよく分からない髪形で,若干不安になる。
さらに微妙に挙動不審に見えた。過剰に拍手したりとか…厭な胸騒ぎが。
ま,このあたりほとんど映らなかったことだけが救い。
服装が,最近よくお召しになっているオリエンタル系の作業服みたいのじゃなかったことでも,胸をなでおろしたが。

んで登場,演奏ですけど…
まあ,いいんですよ音なんて聞こえなくても。声もちょっとしか聞こえなくても。
カメラがちゃんと「Don't stop, Love me do」で抜いてくれたからさ!

若干痩せた感じで,往年のHっぽさがちゃーんとあった。いや,往年どころかオトナのダルさがプラスされて,ますますいい意味でHっぽさがUPしてるとおもう。断固そうおもう!!
最初にオーロラビジョンに映った「それなりにいけてる」姿を見て,もう涙出そうだった。ヨロコビで。
ほんと胸いっぱいです。うれしい。ありがとうNHK!!

全然ひねりのないコメントですまないですが,ホントに喜びいっぱいなので,ご了承くださいませ。

以下,いくつか蛇足。

続きを読む

テーマ : 音楽ニュース全般
ジャンル : 音楽

フェチ

るるさんから回ってきたバトン。

よく考えた結果、どうやら加点方式じゃなくて減点方式を採用しているっぽいワタクシ。やなヤツだな。トホホ。

---start
1:あなたは何フェチ?
あひる口。
目尻のしわ。

2:好きな人を見て先ず何処を見る?
つまらない答えだけど、顔見る。
あとは全身くまなく凝視する。
できれば触らせてもらう。
さらににおいを嗅ぐ。
犬みたいだ。

3:最近プッシュ出来る部位
昔は足と腹筋は自慢だったけど、今はどっちもたいしたことない。
繰り上がり当選で、乳。

4:よく見る、特別な思い入れのある人物のお気に入り部位5つ。
香取慎吾の口角。
10年前の小沢健二の、首の角度と小生意気な目つきと目尻と口元。
山崎まさよしの、顔の上半分と手。
唐突に外国人だけど、ベニチオ・デル・トロの目つきと目尻と体全部(特に下半身)とタバコの吸い方(というか、手かも)。
さらに唐突に女だけど、ジーナ・ガーションの目つきと口元。
なんか、リアルタイムな日本女子っぽくないなあ。

5:バトンを渡す5人。
僭越ながらmanabooに謹呈してみます。
別にスルーしてもOK。私が代理に書いてもOKかも。(自分のことよりスラスラ書けそうだし
---end

テーマ : どうでもいい話・・・MEANS NOTHING
ジャンル : ブログ

しっとり飲み

10年来の親しい知人と久々にデートした。
上野にあるとっても品のよい和食のお店

入ってすぐ靴を脱ぐようになっている。
店内はちょっと驚くほど薄暗くて,光は基本的にロウソクの光のみ。
そして,2人向けの半個室がいくつかある。

つまりね,とーっても淫靡なかんじなの。
欲情したらいいかんじになったら,あんなこともこんなこ(ごほっごほっ)…ってなると思う。つーか,絶対なる。
まあ半分開いてますけどね。しかしそういう時には忘れればおっけー。
男女問わず,下心があるときに利用したいお店である。

で,今晩は何をしたのかって?
そりゃご想像にお任せ…っていうか誰もなにも想像してないだろうけどな!
まっ,楽しかったですよ。うふっ。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

FOLK SONG

脱退して初めてのアルバム。
真っ白なトイレで白いパジャマを着てワニを眺めているという,ちょっとアンニュイでかわいいジャケットだ。
「トイレで膝を抱えてワニ」といえば岡崎京子の不朽の名作「PINK」のハルヲ君だな。

それはさておき,記念すべきソロ第1弾。
今まであれほどエロ・セクシーを追求していたはずなのに,独りになったら不思議とエロが見えなくなった。

その代わりに何が見えるのか?

すごく独りぼっちで東京に居る人。

それは関口本人の姿であり,私の姿であり,あなたの姿なのかもしれない。

FOLK SONG
タイトル通りの,フォークギターのイントロが非常に印象的。
関口の歌詞はどこか叙情的なものが多くて,それがすごく魅力だと思うんだけど,この曲はまだ練れてないってかんじ。
例えば「ビタミン飲んでも元気ないなら?」とか,彼独特の表現ってあるんだけれど,どこか説明文っぽいのだ。
あと,サビ頭のメロディラインは
♪好きだよと言えずに,はつーこいはー(「初恋」by村下孝蔵)
にちょっと似ている。
何かに似ているんだけど何だっけ?ってずっと考えちゃった。

Young Love
ダサダサ歌謡曲って感じの曲。
んー,何も感想がないんだよなあ。
でも久しぶりに聴きたいなあって思う時にメロディが頭に浮かぶのは,この曲だったりする。
ドラマチックだし,いい曲だと思うよ。
いまいち根拠がない?あれ??

噂の真相
アレンジがすっごいファニーで思わせぶり。歌詞も可笑しい。
歌いかたも可愛い。可愛くできるんじゃん関口!!
とはいえ,あんまり可愛いのはお似合いじゃないと思う。
まっ,実験ソングってことで。
CDで聴いてると飛ばすこと多いし(ごめんなさい)。

僕のバラード
この曲,当時から前半部分がすごく好きだった。
かつては声に余韻がなくてただの「音」でしかなかった彼だけど,もうぜーんぜん違うんだから。
力の抜けたメロウな囁きも充分おっけー!
サビは昔から聴きなれた,声を張り上げる感じで歌い方がチェンジするのもすごく自然だし。
「セブンイレブンの無口な友達が待ってる」
って,いいよね。

Japanese Boy
んー。
若手サラリーマンの喜びと悲しみを歌い上げてる…んだろうな。
伝えたいことは分かるけど,私はこういうべたべたさはあんまり好きじゃないです。
なんとなく,初期のチェッカーズのアルバムに入っているような感じの曲だ。って,わかりにくい?

紅茶色の夕やけ
これ,歌謡ポップスとして秀逸!
大きく分けると「不自然な君が好き」に近いテイストだと思う。
でもね,歌詞がどーも意味不明なのだ。

ラブ・ユー・東京
東京はとバスツアーをモチーフに,東京の様々な観光地を紹介していくという変わった曲。
パワフルなボーカルでぐいぐい聴かせるべき曲なんだけど,関口にはそれだけの力がないので,彼自身が歌う曲としては失敗だと思う。
だけど非常に面白いからヨイね。
ちなみにティーンだったワタクシには,意味がわかるものとわからないものがありましたとも。例えば,
「赤坂天国,素敵なゲイシャガール」
 → ×(今もよくわかんないけど芸者街ってことかな?)
「新宿セコンドストリート,可愛いゲイボーイ」
 → ×(新宿2丁目って特殊なエリアだと思ってなかった)
「代々木のオリンピックプール,飛び込み禁止」
 → ○(私は水泳部だったから知ってたけど,関口って物知りだなあ)
「上野の西郷さん,着物が短い」
 → ×(でも笑った)
「目黒のエンペラー,綺麗なお城」
 → ○(でも行ったことなかったけどさ...)

青い鳥
当時も今も,いつ聴いても心に染み入る名曲。すごーく好き。
私にとっては,この曲のためにこのアルバムがあるといっても過言ではない。
前半はアルペジオのクラシックギターに乗せてシットリと。
そしてサビはラテンのリズムで激しく,
「青い鳥を逃がしたよ…僕が泣いてる場面が絵のようになる」
って切ながるという歌なんだけど。
エッチなところが微塵もなく,表現に深みがあって,とにかく美しいの。
彼はこういう,物語から出てきたような世界観を描かせるとすごい才能を発揮する。
大人になって改めて聴いて,やっと分かるようなこともあったりして。
当時は「うへー,おもしろーい!」みたいに,即物的なことに反応してたから。

マグ カフェ
ピアノ弾き語り(実際に弾いてるのか知らないけど)なバラード。
全然興味ないです。ごめんなさい。
これ,本人がピアノを弾いていない限り,曲としてあんまり価値がないような気がするんだが,どうだろう。

自信まんまんでたのむ!

NHKの思い出のメロディーという、訴求対象40代以上(メインは50代以上)と思われる、実にNHKらしい夏恒例の特別番組がある。

今回そこにヒデキ、笠君、米川、関口が出るらしい。

殿堂入り?
余生モード?

喜ばしいコトなのか、非常に微妙ではある。
が、彼らが(全員ではないにせよ)揃うのは奇跡だ。
天下の国営放送に生出演する姿を見るのも、紅白以来かもしれん。
このチャンス、ぜひがんばっていただきたい。

…なーんて流暢なキモチではいられないって。

あのねえ、すっごくすっごく心配なの!
今からハラハラしてるのよっ!!

泥酔してまた醜態を晒すんじゃないか。
シャベリがことごとくスベるんじゃないか。
シモネタとか司会の船越英一郎がロコツに流すんじゃないか。
声がダメダメなんじゃないか。
ヘンテコな修行服みたいのを着てくるんじゃないか。
誰にも意味ワカランような自虐的ギャグとか言うんじゃないか。
目の焦点がちゃんとあうだろうか。

もうネガティブ思考テンコ盛り、大安売りである。

ヒデキもあんまり空気読まない時があるし、笠君もルックスひどくてドン引きされるかもしれないし、ヨネチはまあ大丈夫だろうけど、色々と他にも心配はある。
しかし落としどころ内にキチッと落ちる予感のある3人とちがって、関口はリーサルウェポンなの。

どうにもまとめようのないことをしないで、ふつーにがんばれ。
たぶんキミはわりと天才に近いんだから、とにかく自信まんまんでがんばれ!!

えーん!!
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。