スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ、テキサス

要約すると
4年間行方不明だった主人公がテキサスのパリ(という地名があるらしい)で記憶喪失みたいな状態で発見され,弟が彼を連れて帰って,行方不明だった間育てていた彼の息子と再会させると,徐々に記憶を取り戻して父子の距離は埋まり,彼ら父子で母親の行方を探しに行き,とうとう彼女を見つける話。

思ったこと
切ない愛情の形。なんかもー,しみじみ。全てがいぶし銀って感じ。ハリーDスタントンはめちゃくちゃはまり役だし。
私はこの人のことシーズ・ソー・ラヴリーで認識したんだけど,独自の地味な存在感がある。ギラギラしてない男っぽさみたいなのもあるし。しかも彼は今70代後半だと知ってびっくり。(ということは,この当時は60歳くらいだったということだ。)
とにかく,全てが静かに語られ,進んで行き,終わる。景色から主人公の,少年の,感情が伝わってくる。音楽はライ・クーダーのみ,っていうのも,渋すぎる。L.A. とフロリダ間の広大な景色,夕焼けも,すばらしい。ロードムービーの魅力炸裂。
すごくすごくいい映画を見た!と思っているんだけど,どーにもうまく良さが表現できない映画です。

評価
もう一度観たいか: ★★★★★(DVD欲しい)
人に薦めたいか: ★★★☆☆(つまらない・わけわからない,という人もいそう)
〔理由〕
感想はうまく表現できないけど,私はすごく好きな映画だし,感情に訴えられるものがある。けど,全編あまりにも静かで地味なので,なんだかちっとも面白くない,という人もいるんだろうなー。

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。