スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cライブ

1週間前の話だけれど、Cライブに行ってきた。

今までも三野姫とか関口ソロとか、あと思い出のメロディーとかで昔の曲を歌っているのは聴いていたけれど、今回ばかりはC曲ばっかり。当たり前だけど。
解散してから約20年、まさかもう一度こんな日が訪れるとは。当時のわたしにはまったく予測できなかった。もう二度とライブで聴くことはできないんだろうなと思っていた。最近になっても、もう一度聴けるとしてもロマ止まりなんだろうなと思っていた。それがジェラシーとか聴けるんだもん!
時の流れというのは、時にやさしい。

一方で、今までのライブでは見たこともないほど集まった大勢のファンたちが、確実にオバ化していたことに驚愕。服装も髪型もオシャレではなく、体型もひどく緩んで、しかもノリがあまりにも古臭い、垢抜けない中年女性がウヨウヨしていた。傍から見たらわたしもその一人なのかもしれないけどさー。でもあそこまで劣化していないと思う、というか思いたい。
時の流れというのは、時に残酷だ。

今回再結成した肝心の3人は、ここ数年でもっとも輝いていた。一度は表舞台の華やかなところにいた人たちだから、ここんところ頻繁になった取材で「見られる」ことを意識した結果なんだろう。特に関口さん。顔のラインがスッキリしたせいか、演奏中の目配せっぽい視線の動きが絶頂期を髣髴とさせていた。声もむくんだような声ではなく、昔っぽい声になっていた気がする。うーん、しみじみとうれしい。
オールスタンディングで2時間半ずっと立ちっぱなしだったけど、もうまったく平気で、ただただ関口さんを見ていたストーカーのようなわたし。ちょっとだけ、中学生のころに戻ったような気持ちにすらなった。
時の流れというのは、時に不思議。

それにしても、まさかまた関口さんが生で、すぐそこで歌う「流星のラストデート」や「不自然な君が好き」なんかを聴けるとは。まだ叶う確率は低いけれど、いつの日にか5人の「冒険ノススメ」や「愛の力コブ」を聴きたいなあ。

次のライブは12月。今のところ鋭意参戦予定。

テーマ : 思い出の音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

>あでりん

うん、想像していたよりずっと「現役」感で溢れていたと思う。演奏がすごくかっこよかった。
12月も楽しみですー。

想像より上出来だったよね

結局、WSは1つか押さえられなかったよー(汗)。
しかもツアーの始まりより内容の分かりにくい報道でした(涙)。
夕方のは良かったと聞いているので
そのうち、どちらかから流れてくるのに期待!

LIVEは自分らも含め、昔の乙女が山ほどでしたな。
が、見掛けが伴っているかはナゾ…。
ちゃんと冬も見掛けを含め乙女で居られる様、精進せねばね。
非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。