スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暮らしの運用ルール

今月は居住環境見直し月間。
連休ごろから少しずつ、いろいろなジャンルの不要品を処分し、棚やクローゼットを整理し、本棚を捨て、レイアウトを変更してきた。シンプルな暮らしに近づいたと思う。

ところで、今月からいくつか運用ルールを変更した事柄があるので、その紹介を。

1. デスクを閉める
って、本人以外わかりにくいルールだけど。
小学生のころから、ちょっと凝ったつくりで開閉式のライティングデスクを使っている。今は寝室に置いてあり、インテリアとしてもなかなか素敵だと思う。
ここ数年はデスクトップPC台として、ライティングデスクにディスプレイとキーボードを置いていた。当然デスクは閉められなくて、せっかくの凝ったつくりも台無し。デスク上でのちょっとした書き物もまったくできず、そういう作業はリビングでやるしかなかった。
でもPCをA4ノートにして無線LAN環境を導入したら、PCがデスク内にきっちり収まりデスクが閉まることを発見!もちろん書き物も余裕でできる。なのでこのたび「使い終わったらデスクを閉める」という運用ルールに変更することにした。閉めるだけで狭い寝室が広くなる。夢のようだ。
タイマーで30分後にPCが休止状態になるようセットし、コジコジのDVDを視聴しながら眠りにつくのがわたしの日課なのだけれど(変なの)、朝起きたらPCを奥に収めてデスクを閉めて寝室を出るようにしている。

2. 食器の水切り撤去
これもちょっとわかりにくいか。
今までは、シンクに標準でついていたステンレスの水切り台の上に洗い物を置き、半日乾かして適当に食器棚に片付けるという運用をしてきた。その水切り台も、ときどき食器とともに食洗器に入れていた。でも食洗器では水あかがいまひとつ綺麗に落ちないし、食洗器に入れるタイミングを逸するととたんにヌルヌルしてきて実にいやな感じになっていた。
そこで思い切って水切り台を撤去することにした。洗い終わったものはキッチン台に一旦置き、その場で拭いて食器棚に片付け、最後にキッチン台も拭いて作業完了!という、ちょっと難易度の高い運用になる。でも、朝も夜も比較的時間に余裕のあるスケジュールで動けているので、都度対応も可能なのではないかと思ったのだ。
食器とキッチン台を拭くタオルは考慮中で、今のところはハンドタオルを使っている。もちろん、朝晩使ったら洗濯カゴへ。でも、タオルは別のものを使ったほうが便利かもしれない。例えば手ぬぐいにして、毎回拭き終わったら水洗いして干しておく、なんていうのもよさそう。まあ拭くものはしばらく試行錯誤の予定だ。

他にも細かいところでは、食器洗い洗剤とハンドソープは地球に優しい液体石けんで兼用し、シンクに作りつけのソープディスペンサーに入れて、置かなきゃいけないものを極力減らす、なんてこともやっている。

今は、これらのルールが今後どのように定着していくか、もしくは定着していかないか、他人事のように自分を興味深く見守っている状態。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。