スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海で食べたもの(前編)

昨日の夕方から上海。
昨晩は中国人のCTO(日本語ほぼネイティブ)とスープのお店に行って、薬膳スープと、魚の頭のチリソース、魚を揚げたもの、野菜炒め、蒸したお餅などを食べた。わたしが魚料理を希望したのでそうなったのだけど、そのお店の魚は全部川魚だった。で、食べたのはマスっぽいものと鯉っぽいものでした。
で、お昼はCTOと飲茶を食べてきた。ピータンと鶏肉のおかゆや小松菜の炒め、薄ら甘い大根もち、ショウロンポウ、海老餃子、ゴマ団子風のお菓子など。
日ごろまったく肉類を食べないけれど、上海では、毎食ではないけれど少しは食べることにしてるんだ。中華大好きなのでせっかくだから味わってみたいというのもあるし、薦められると断りにくいし。ということで、たまにはいいかなと思いまして。
今晩は四川料理でメンバー十数人とキックオフ飲み会。板橋の名店「蜃気楼」的な料理を食べられるかしら。わくわく・・・というか、食べる以外はけっこうつらい出張なんだよな、毎回。

コメントの投稿

あー、それはそれで適度に洗練されていて美味しそう。
アメリカの中華ってわたしは結構好きで、数ヶ月アメリカにいたとき、時々食べに行ってました。日本人の胃腸に合っている気がします。

ああ、うらやましい

僕は来週、ボストンのチャイナタウンの飲茶を食べに行くことにした!
非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。