スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海で食べたもの(後編)

昨日の晩ごはんは、たびたび上海に出張している理由である、わたしが企画してしているサービスの開発メンバー10人ほどとキックオフ。キックオフといってもこれから始まるわけじゃなくて、ずいぶん前からがんばってくれてるんだけど。
「マスクを瞬時に着脱する」という微妙かつ伝統的な古典マジック?のようなショーがウリの四川料理のお店で、伝統的な四川料理を堪能。麻婆豆腐とかの辛いもの中心でけっこう野性的な味で、そりゃーもう美味しかった。私以外は全員中国人で、日本語が話せる人が3人ほどだったので、「明るく飲む」ことも含めて五感を駆使したコミュニケーションを図る。けっこうがんばったので料理の感想があんまり出てこないや(笑)。
で、今日の昼ごはんは現地の営業とふつうに中華の定食。わたしはウナギ炒飯。まあふつう。
ということで、今日の晩ごはんが最後のごはんなんだけど、心残りのない(?)ごはんは何かなあと考えているところ。
でもまた1ヵ月後にはここにいる予定なんだけどね。

コメントの投稿

>おやかた

英語はわたしも現地メンバーも実に不自由なのです。(主にわたしの問題ですが…)
日本語が堪能な通訳兼ドキュメント担当の子とかが通訳してくれてます。カッコ悪いが仕方ない。

打ち合わせとかは英語でやるの?
日本語?
なんかかっこいいなあ。
サービスにリンクが張ってある!
非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。