スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦がした玄米の行方


ホタテとキャベツとウドのトウチ炒め
大根糠漬け
さつまいもの玄米味噌粥
アサヒ・ザ・マスター

今朝玄米を炊いて火加減を誤り、大々的に焦がしてしまった。お焦げがおいしいってレベルじゃないのでやむなくお粥に。まぁ普通に食べられる程度。

コメントの投稿

>おやかた

圧力鍋を4ヶ月ほど前に買うまでは玄米モードのある炊飯器で炊いていたので、双方の良し悪しわかりますよー。
まず、美味しく炊ければ圧力鍋のほうが美味しいし、放置したときの風味とかも圧力鍋のほうに軍配があがります。この点は絶対的。あと自分の好みの炊き方(もちもちが好きとか、噛み応えのあるのが好きとか)にできるという点でも面白い。まあ、思ったとおりにできるかは別なんだけど。ただし、今回のように失敗したときのダメージはかなり大きいです。ごはんは干し飯みたいだし、泣きながら焦がした鍋を洗わなきゃならなかったりします。
一方、炊飯器で炊くととにかく炊き上がりが安定してます。ふつうに美味しくて特に問題ない。タイマーもあるし。
なので、圧力鍋で炊くことそのものを楽しめる人以外は、炊飯器のほうが日常的な利便性は高いと思います。
ただ、浸水しとくのを忘れたとか、タイマーをセットし忘れたとかのとき、圧力鍋は無浸水でも30分くらいで食べられる程度には炊き上がる(鍋によって違うけど)ので、リカバリ手段としては重宝すると思います。

玄米

圧力鍋で炊いてるんだっけ?
玄米モードがあるIH圧力炊飯器ってどうなんだろう?
日本に帰ったら買いたいんだけど。
非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。