スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オマージュ

家族のお祝いのためオマージュを訪問した。

まずは食前酒とともに一口サイズのリエットやパイ、オリーブ、小さいフォカッチャなどをサーブし、それを楽しみつつ本日のメニューを見て組み立ててね、という実に感じの良い演出。各自の好みやニガテを考慮してくれるコースにしてもらった。

アミューズの前に フォアグラのクレームブリュレ
20100424184830.jpg
本当にフォアグラの味とクレームブリュレ、両方の味がしっかりとする。あんまり想像できないけど仲良くできる組み合わせなのだなあ、と感心した。

冷たいアミューズ 魚貝のコンソメジュレ
20100424185841.jpg
ウニ、コハダ、ホタテなどの魚貝類を、アスパラを裏ごしたコンソメジュレとともにいただく。あっさりした味付けそのものは好感がもてるけれど、ちょっと素材の力に頼りすぎな気が。もう少ししっかりした味のほうが奥行きが出るように思う。

温かいアミューズ 春キャベツとモリーユ茸のポタージュ
20100424192128.jpg
モリーユの風味がとにかく秀逸!香ばしくローストしたナッツと場所柄を生かした「やげん堀」の七味唐辛子も加わって、なかなか複雑な風味を醸し出しとても楽しい一品。ただし、上に載っている白い物体はポーチドエッグ(ウズラ)、これはなんだか唐突で不要なんじゃなかろうか。

魚料理 真鯛のポワレ
撮り忘れたけどそのまんま鯛を焼いたものにバターが添えられている。鯛の焼き加減が絶妙で感動。残念なのは鯛の皮を剥いでサーブされたこと。鯛の皮かなり好きなんだけど・・・でもういうサーブの仕方が喜ばれることもあるだろうからな。

メイン オマール海老のなんちゃらソース、インカのめざめ添え
20100424200536.jpg
メインの肉料理をオマール海老に変えてもらった。オマール君がプリプリで絶妙の火加減。子羊のプレートを一口だけもらったけれど、これも火の通しかたがジャストで感動した。こういうのは本当に、シェフの技だ・・・
ただ、ソースの記憶が全然ない。これだけ海老が美味しいのでむちゃくちゃ風味豊かなソースであるはずなのに。忘れているわけじゃないと思うし、ポワレでもないのでもうちょっと印象に残っていてもいいのだけれど。改めて写真で見てもそんなに力が入っていないように見えるし。

お祝いプレート
20100424203219.jpg
いい加減本当にいい歳なんだけど、それでもこういう演出は喜ばれるよね。

この後口直しの柑橘系のソルベがあり、デゼールとして春色のダックワーズと蜂蜜のアイスクリームイチゴ添え、さらにハーブティとともに焼き菓子として一口雷おこし、さらに雷おこしをイメージした塩味のブラマンジェ(笑)。ブラマンジェにはオリーブオイルと塩がかかっている。最初は頭にハテナマークが散乱していたけれど、食べてみると確かに雷おこし風味が・・・デゼール系はすべて文句なしに美味しいし、オリジナリティあふれるなあ。

お料理一品ごとにひとつずつ残念ポイントを書いたけれど、不満と言うほどではなく、構成やフロアサービスなどの演出を含めると、アルコールを除いて10,000円いかないというのは非常に納得感がある。本当に本当にすばらしいお店。次になにか記念日的なものがあるときには、また行こうっと。

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。