スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルバート・グレイプ

要約すると
知能障害のある弟(ディカプリオ),姉や妹,夫の自殺のショックで過食症になった母親,彼ら家族全員を背負って田舎町に暮らすギルバートグレイプ(ジョニー・デップ)が,旅の途中のジュリエット・ルイスに出会って恋に落ちたり,弟が騒動を巻き起こしたりしつつも淡々と暮らして行く・・・けど,それなりに物事が流れて行く話。

思ったこと
あちこちで言われていることだけど,ディカプリオの演技が本当にすごい。うまい!
タイタニックやそれ以降の映画よりも,こういう若い頃の出演作(今も若いけどさ)の方が,彼の演技力が際立っている気が。今はなんとなくほら,顔と存在感と人気で評価が上がっちゃってる感じがするので。穿った見方?そうかも。
このディカプリオ,なんだかもう演技を超越しちゃってる。彼があまりにリアルなので,周りの人たちの「淡々と現実を受け入れつつ,淡々と物事が進んで行く」
感じが際立っているというか。
ジョニー・デップもジュリエット・ルイスも,名演&怪演の天才っぷりを発揮する俳優だし,いい人選だよね。
でもこのジョニー・デップはやけに地味で淡々としていて,なんかふつーだった。もっとおかしさ大爆発してほしいんだけど・・・って,この映画でそういうおかしさが大爆発しても困ります。そうか,そうですか。
ジュリエット・ルイスはもちろん,相変わらずケツアゴかもしれないけど光り輝いてるし。
母親役の人は,体重200kgくらいありそうな,本当にヤバいほどに太った女性なんだけど,あの人はやっぱり女優さんなのかなー。ああいう人がちゃんと登場するのが,アメリカショービズの層の厚さだ。他の映画や舞台などに出ているのだろうか?全く不明だけど。
ストーリーとしては,けっこう悲しい出来事がいろいろ起きたりするんだけど,情景と自然の美しさ(+多分映画の撮り方)によって,全てが小さく見えたり,淡々と過ぎて行く物事に見えたりして,結構心が洗われるし心に残る映画だなー。

評価
もう一度観たいか: ★★★★☆(心が癒される感じなので,もう一度見たい)
人に薦めたいか: ★★★★☆(面白い話だと思います。そのうえ,ディカプリオを見る価値がある)
〔理由〕
あんまり派手な部分がないけど,いい映画!って感じなので。

コメントの投稿

TB&コメントありがとうございました

ディカプリオはかなりすごかったですね~
もうびっくりデス。「アビエイター」でもそうでしたが
こういう役はかなり上手いです。
この映画重いんですけどでも最後の清清しさにはなんともいえない気持ちになりました。
非公開コメント

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。